駄菓子、文字を書く

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

人生初の海外一人旅!in台湾 2日目 国父記念館・象山編

こんにちは。最近気付いたのですが、このブログの本来の趣旨(非モテからの脱却奮闘記)と最近の更新内容、まったく関係ないですね。まぁよしとしましょう。

 

さて、前回は台北101まで書きました!今回は国父記念館からです!

中途半端なところにあって、台北101駅から徒歩15分ぐらいのところにあります!

昼間に行くことを圧倒的にお勧めします。何故なら、ここは19時に閉館するからです...

f:id:dagashi929:20161230130821j:plain

ここはどの様な建物なのかというと、あの孫文に関する記念館です!

現場からは以上です!!!

....というのも、ここの滞在時間はざっと3分とかなんですね~

閉館が19時と先ほど書きましたが、着いたのが19時過ぎていたので、中を回れなかったのです。

f:id:dagashi929:20161230130833j:plain

入口の正面には、立派な孫文銅像が建っています。

孫文は、あの有名な辛亥革命を起こした人物で、台湾・中国両国から尊敬される、数少ない人物の一人だそうです。

僕的には、孫文というと遊助上地雄輔)のかの有名な曲「ミツバチ」に登場する、空耳のワンフレーズの印象が強いです。

何言ってんだコイツ?って方は、↓の動画を聴いてみてください。

遊助 『ミツバチ』 - YouTube

余談ですが、僕的にミツバチはカラオケの盛り上げ曲として好きです。意外と知名度がないので友達と歌うときは火傷に注意。

ただでさえ変な曲なのに、友達は知らないとか地獄絵図そのものです。

写真は撮っていませんが、ここは市民の憩いの場として利用されており、沢山の人がお喋りしたり、入口の手前でブレイクダンスをしたりしていました。

 

さて、お次は二日目最終日に訪れた象山です

f:id:dagashi929:20161230131057j:plain

MRTの象山駅から、徒歩15分ぐらいで着きます。

象山・・・?多くの方がそう思われるでしょう。

Trip adviserを見る前の僕もそうでした。

ここはどのような場所なのかというと、その名の通り山なのですが、台北の景色を一望できる場所なのです!もちろんタダで!

標高183mと、高さ的にはそうでもないですが、基本的にずっと階段を上るのでまぁ~キツイ!デブには拷問です。

常識的な代謝の持ち主なら、絶対汗をかくので、替えのTシャツがあると良いと思います!

途中まではまぁ、いけるっしょ!とか思いながら登っていたんですが、半分ちょっと過ぎた辺りで、わりとマジで体調が悪くなりました。笑

途中にあった水飲み場でブヒブヒ鳴いていたところ、下山してた台湾人の方に

 

台湾人「大丈夫!?」

f:id:dagashi929:20161113115909j:plain

ぼく「ぶっひぃ、、、大丈夫です...」

 

台湾人「もうちょっとだよ!頑張って!」

 

ぼく「うっ、うっす....」

 

といった感じで、心配してもらいました。

台湾人の優しさが垣間見える瞬間ですね。

台湾の店員は基本無愛想なので、人が優しいと言われていた台湾に若干の疑問符を抱きかけていたので、とっても嬉しかったです!

f:id:dagashi929:20161230131106j:plain

カメラの性能がお粗末なのが残念ですが、肉眼だと本当に絶景です!

草が凄まじく邪魔なのが、マイナスポイントですね。

ちなみに、ここの撮影スポットには所々でっかい岩があって、みんなそこに上ってジャンプしたりして写真を撮るのですが、お一人様の僕はもちろんやりませんでした。

内心、めっちゃやりたかったです。ラインのプロフィール画像にしたかった...

 

汗だくになりながら下山し、ホテルへと帰りました。

本当は夜市に行きたかったのですが、汗だく&クソ疲れたので、諦めました。

 

1日目はこれにて終了です。

1日を振り返るのにどんだけ記事書いてるんだって話ですよね。でも、それだけ自力で回ったんだなぁとちょっと感慨深いです。ツアーじゃまず無理ですよね。

 

さて、次回からは3日目の記事を書いていきます!

本日も記事を読んでいただきありがとうございました(^.^)/~~~

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています!クリックしていただけると、とても嬉しいです!