読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄菓子、文字を書く

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

ノーマルで何が悪い。でもやっぱり僕は変わり者でいたい。

こんにちは、駄菓子です。

今回の記事は恐らくとても自分本位の記事になるので、

人によっては時間の無駄になってしまうかもしれません。ご了承ください。

僕は、大学生になった頃からよく思うことがあります。

「自分は変わり者でいたい。」

f:id:dagashi929:20170127145902j:plain

大学生になると、こう思う方はもしかしたら多いのではないでしょうか。

では、なぜそう思うのか。

それは、人は年を取るごとに段々と自分が特別ではないと気付くからではないか。

そう僕は思います。

何者

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

この本は、とても有名な本なので多くの方が読んだことがあるのではないでしょうか。

著者の朝井リョウさんはこの本で直木賞を受賞している、代表作です。

大学生男女6人を、自分とは何者なのかを模索し、ツイッターのつぶやき形式で展開していく、純文学です。

この本を読む以前から、「自分は何者なのだろう。」と考えることがふとあります。

特に1年生の後半は精神的に軽く病んでいたこともあり、毎日のように辛く考えていました。

ただ単位を取るために学校に行き、友達と生産性もない会話を繰り広げ、バイトに行くか家に帰る毎日。

でも、なんとなくこのままじゃダメだと思って個人的にいろいろ挑戦してみました。

学生団体、インターン

でもそれだけじゃ足りないんだと。俺は力不足なんだと痛感させられるんです。

周りにはもっとすごい人がいて、負けらんねぇって思わされるんです。

僕は何者でいたいのか?

f:id:dagashi929:20170205143314j:plain

じゃあお前は何者でいたいんだ?って問われた時、言葉に詰まります。

「困っている人に貢献して、楽しい人生を過ごしたい。」

こんなの自我があれば誰でも思うことじゃありませんか?

変わり者でいたいって思うのに、結論理想の姿は至ってノーマルなんです。

ノーマルを笑うな

f:id:dagashi929:20170205143156j:plain

よくこんな事を口にする大学生を目にします。

「満員電車の中で死んだ目をしたようなサラリーマンにはなりたくない。」

お前は何様なんだ?と僕は問いたいです。

確かに、大学生が言うことも一理あります。まったく理解できない訳ではないです。

僕だって、口を開けば愚痴を言ったり、文句を言う大人にはなりたくないです。

でも、死んだ目をしたサラリーマンにだって守るものがあるのかもしれない。

自分が何者なんだと、未だに考えているサラリーマンだっているかもしれない。

その人を尊重もせず、ただあのような人にはなりたくないっていうのが理解できない。

僕は、ノーマルな人がいるから変わり者が引き立つと思っています。

世間をちょっと上から見て、あんな人生は送りたくないなぁって思うヤツ。

思うのは勝手かもしれないけど、さも自分はそうはならないとばかりに口々に言うのは違うと僕は思います。

ノーマルには、ノーマルなりの人生があるんです。それをダサいと思うのは違う。

僕だって、自分を何者かにしたいけど結局ノーマルなのかもしれない、いやでも自分は違う!

そんな風に葛藤しながら日々を生きています。

ゼロにイチを足す

僕は元々堀江貴文さんのことは好きでも嫌いでもなかったです。

でも、ネットでお勧めされてた本書を読み、彼の見方が180度変わりました。

もちろん良い意味で。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

本書で、堀江さんは以下のように言っています。

人間というのは初めはゼロからスタートするのであり、

一気に100になることなど不可能なのである。

だから、一気に100を目指すのではなくゼロにイチを足していくのだ。

文面だけ見たら当然のことかもしれません。

でも、何者か?と自問自答するにあたり、この考えはとっても大事であると思います。

何者かになりたくて、いきなり10を足しても苦しいだけです。

変わり者になりたいなら、コツコツ積み重ねていくだけなんだ。

それだけだと僕は思います。

やっぱり僕は変わり者でいたい

f:id:dagashi929:20170205144018j:plain

僕は別に誰かから、「駄菓子って変人だよね。」とは言われたことはありません。

でも、ユニークだよね。とか、面白いねって言われるとすっごい嬉しいです。笑

カッコいいより嬉しいと思います。(そもそもカッコいいを言われたことない)

やっぱり僕は、変わり者でいたいです。

ノーマルを否定しない変わり者でいたい。

変わり者って具体的に何だよ?って問われれば、それは答えに苦しみますが。笑

ノーマルな自分を、誇れる自分にするために僕は今年の4月から一年海外へ行きます。

自分に自信をつけるとか、それとはちょっと違うと思っています。

理想と現実の狭間で苦しみながら、頑張ろうと思っています。

 

本日も記事を読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています!クリックしていただけるととても嬉しいです!