駄菓子、文字を書く

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

小学生ながらにしてネトゲ廃人になった話

こんにちは、駄菓子です。

f:id:dagashi929:20170209141318j:plain

皆さんは普段、ソーシャルゲームやネットゲームはやっていますか?

僕はいまはもう殆どやっていないのですが、小学校~中学校にかけては結構やっていました。

しかも、ガキだというのに生意気にも課金もしてたんですね。(もちろん親の金)

更に、その額は子供ながらにして10万円以上は超えていたと思います。

今回は、その話をしたいと思います。

僕はオンラインゲームと出逢った

僕がオンラインゲームと出会ったのは小学4年生の時です。

その頃は2006年で、世間でもオンラインゲームの人気が出始めた頃でしょうか。

当時、パソコンを周りで利用する小学生は勿論あまりいなかったです。

現代の小学生はどうなんですかね?

皆さんは、Yahoo!きっずという、ヤフーの子供向けのサイトをご存知ですか?

kids.yahoo.co.jpこのサイトが、僕をネトゲ廃人へと追い込むことになります。

当時、僕の学校ではパソコンの授業の際には、Yahooきっずを使っていました。

好奇心旺盛な僕は、Yahooきっずのゲームカテゴリから、あるオンラインゲームを見つけてしまいます。

ドハマりしたオンラインゲーム

f:id:dagashi929:20170209131234j:plain

皆さんはHabboホテルというオンラインゲームをご存知ですか?

このゲームは、「アバターチャットゲーム」というカテゴリのゲームで、

f:id:dagashi929:20170209131534j:plain

このように、自分の分身を作って、友達とチャットを楽しむというゲームです。

更に、このゲームの凄いところが、

f:id:dagashi929:20170209131456p:plain

ご覧のように、自分の部屋を作り家具を設置することができるんですね!

小学生だった僕は大興奮して、家に帰れば速攻パソコンをポチりゲーム三昧!

ただ遊ぶだけなら、まぁ小学生なら外で遊ぶべきはありますが、問題はないでしょう。

問題はここからです・・・。

小学生にして重課金者・ゲーム廃人になる

どんな課金制度なのか?

このゲームは、「ポイント」という制度を採用しているゲームでした。

1P(ポイント)が、確か25円(記憶が若干曖昧)なんですね。

例えば上の写真に写っている椅子なんかは、1個3P(つまり75円)します。

家具によっては値段が違いますが、1部屋作るのにトータルで3000円以上。

豪華な部屋に至っては、万単位のお金がかかるんです。

課金に手を出し始める

f:id:dagashi929:20170209135606j:plain

小学生だった僕は、最初の数か月は無課金で我慢しました。

ですが、やはりそこは人間。だんだんと欲がでてきます。

もっと良い部屋を作りたい、皆に自慢できる部屋を作りたい・・・。

そして、とうとうパンドラの箱を開けることになります。

人生初の課金を、小5で経験することになります。

ファミマのファミポートという端末で課金をしたのですが、あの時のワクワクは今でも忘れません。

親とは月に500円までという約束で、課金生活を始めます。

当時の月のお小遣いは1500円だったので、かなりの割合を占めています。

月30万稼ぐサラリーマンが10万をネトゲに注ぐと考えたら、かなりやばいですよね?

しかし、そこはずる賢い小学生。使う額はどんどんと増えていきます。

たまに祖父母から貰う小遣いなどもあり、月に3000円課金することもありました。

増える課金、増える利用時間

f:id:dagashi929:20170209135441j:plain

毎年、僕は小学生ながらにしてお年玉を3万円ほど頂いていました。

大体子供のころはお金を親に預けたりするかもしれませんが、我が家は完全自主性。

自主性を悪い方向にとらえ、僕はお年玉を全額このゲームにつぎ込みます。

増える家具、それに伴い増える友達(ゲームの)

そして、増える利用時間・・・。

この頃には、平日は学校から帰って5時間近く。

休日に至っては、朝8時から夜21時まで。

ほぼぶっ通しでパソコンの前に座っていたと思います。

でも、小学生ながらにして人生最大の幸福を噛み締めていました。

いま振り返ればなんて愚かなことなんだと思いますが、当時の僕は本気でした。

この際だから白状しますが、ネット彼女なるものも当時いました。

現実ではできたことないのに。

人生最大の黒歴史です。私は貝になりたい

f:id:dagashi929:20170209135129j:plain

俺氏、目が覚める

f:id:dagashi929:20170209134455j:plain

そんな日々を過ごしながらも、とうとう目が覚める出来事が起きます。

そうです、サービス終了です。

このゲームは、僕が中学生になったばかりの、2009年4月にサービスが終了しました。

最盛期には夜になると1000人以上居た利用者数も、

この頃は400人前後にまで落ち込んでいました。

しかも、夜21時~朝5時まで、青少年保護とかいう謎の理由でサービスが停止するというクソっぷり。

それ故、サービスが終了すると聞いて、「まぁそうだよな~。」とある意味予想の範囲内であまりそれ自体には驚きませんでした。

しかし、問題はその課金額です。

ざっとうる覚えながらに計算してみたところ・・・。

15万円は軽く超えていたと思います。

これは冒頭に紹介したHabboホテルだけではなく、その他手を出したゲームの合計額です。

とはいえ、殆どの額はこのゲームに注ぎ込んだもの。

自分がやってしまった事に恐ろしくなり、やっと僕の目は覚めるのでした。

そのゲームで手にした名声、友達、思い出は

サービス終了という、たったそれだけのことで全て消え去ったのでした・・・

ゲーム廃人になって良かったこと

殆どないと言って等しいですが、一応2点だけ個人的にあります。

それは、

・重課金への反省ゆえに、現在はまともな金銭感覚があること

・タイピング速度が結構速いこと

ぐらいですかね・・・(ノД`)・゜・。

まとめ

f:id:dagashi929:20170202221632j:plain

僕は今でこそ、真っ当な人生を送っていると思いますが、

小学生後半~中学にかけては本当にやばかったです。

その後もちょくちょくネットゲームに手は出していましたが、

決して課金はしないで、適度に遊ぶ程度にとどめていました。

皆さんがもし将来子供ができたら、絶対にインターネットは適度にした方がその子のためでしょう。

僕にもし将来子供ができて、ネットゲームにハマるようものなら、

この恐ろしい実体験を赤裸々に語ることでしょう。

でもその頃には今では想像もできないようなゲームの進化をして、

また違った問題が生まれるんでしょうね~。

とにかく言えること、それは。

小学生は外で遊べ!

 

本日も記事を読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています!クリックしていただけるととても嬉しいです!