}

駄菓子、文字を書く

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

フィリピン留学は3か月がベスト!その理由とは・・・?

こんにちは、駄菓子です!

久しぶりの更新となりました。留学終了まで残り1週間です...!

Time is tooooooo fast!!!!

さて、今回の記事では「フィリピン留学はなぜ3か月が一番良いのか?」について語りたいと思います。

留学前の英語力としては、TOEIC500点レベルで、旅行する分にはそこまで困らない程度の英語力と仮定しています。

※今回の記事はあくまで筆者の一個人的意見です。悪しからず。

 なぜフィリピン留学は3か月が一番良いのか?

f:id:dagashi929:20170616210635j:plain

①3か月以上は飽きる

フィリピンはとにかく娯楽がありません(あってもクラブとかだけ)

もちろん平日は基本的に学校にいるので関係ないのですが、休日がとにかく暇!

セブなら土日は気軽に海に行ける(?)のかもしれませんが、地方都市に居る方はなかなか難しいでしょう。

土日も勉強しろ!という話なのですが、平日は何もしないだけに土日も勉強漬けはなかなかキツいのです...

本気で留学に励んでいる方、申し訳ありません。

②フィリピン留学はあくまで下準備

そもそもフィリピン留学に2か月以上行く方の目的というのは「ネイティブ環境に行く前の準備」「TOEIC・IELTSなどの資格対策」の大きく二つに分かれます。

(僕の場合はベトナムに行くのでどちらにも属していませんが...笑)

ネイティブ英語を話すのが目的なのに半年もフィリピンで勉強をするのは個人的にあまり意味がないと考えています。

何故なら、フィリピン英語とネイティブ英語は別物だからです。

英語のアクセントや、スラングなどがやはりネイティブとは変わってきます。

現に学校にいるネイティブ講師(オーストラリア人)の英語は、独特の訛りがあり聞き取りづらいのです。

続いてTOEIC対策についてですが、そもそもTOEIC対策というのは日本でも出来ます。(IELTSは調べていないのでノーコメント)

ただし、フィリピンにいると必然的にリスニング力が上がり、勉強時間も確保できるので点数が上がるということです。

日本でもTOEICを教えてくれる学習塾は存在するし、個人的にフィリピンでTOEICだけを目的に留学するのは勿体ないと思います...

③マンネリ化する

はい、これがまさしく今の僕です。

もちろん授業はちゃんと出ているし、勉強もしています。

ですが、とにかく毎日が単調すぎて刺激がない...

良くも悪くものんびりとしたフィリピンの雰囲気に飲み込まれています...

僕の学校はスパルタ(平日外出禁止など)ではなくセミスパルタなので、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

仮に留学期間が半年だとして、自分を厳しく律しずっと勉強できる方がどれほどいるでしょうか。

僕は言えます。無理である!と...

超短期の留学もお勧めできない

f:id:dagashi929:20170616210534j:plain

「一か月だけの留学なんて意味ない!」

このような話はよく聞くと思います。

そして留学した身として思うのが、本当にその通りだということ。

なぜか?そもそも1か月という期間は、新しい環境にようやく慣れた頃に終わりを告げるからです。

特に日本人がフィリピンのような途上国に行くと、ほとんどの人が体調を崩したりします。

僕の場合、病気になったりする事はありませんでしたが、何度もお腹を壊し勉強に集中できない日々が続きました。

また、そもそも1か月で英会話力を向上させるのは難しいと考えています。

なので、僕はフィリピンの場合最低でも2か月以上の留学をお勧めします。

3か月以上の留学をする人は目標を明確にすべし!

f:id:dagashi929:20170331224055j:plain

では3か月以上フィリピン留学をしたい!という人はどうするべきか、

それは目標をより明確にすることが大事であると考えます。

どういうことかというと、次の通りです。

Aさん

f:id:dagashi929:20170616210155j:plain

目標「日常会話をマスターし、TOEICの点数を800点まで上げる」

Bさん

f:id:dagashi929:20170616210305j:plain

目標「日常会話をマスターしなおかつフィリピン人の友達を30人以上作る。そしてTOEICの点数を800点以上取り、留学後は英語の先生を目指す」

どちらの方がより成果を挙げれるでしょうか?

間違いなくBさんですよね。

個人的に今回の留学で後悔しているのが、目標を曖昧なまま過ごしてしまったということです。

僕の場合、「日常会話を習得して、TOEICの点数を200点上げる」という具合です。

このように曖昧な目標設定だと、モチベーションに左右されやすいんですよね。

やる気がある時はしっかり勉強するのですが、やる気がないとそこで踏ん張れない。

やる気がない時も勉強できる人が、成果をより残せる人であると思います。

1,2か月程度の留学を考えている人は、僕はそこまで目標を明確にしなくてもいいと思います。

なぜなら、1,2か月程度だとモチベーションに左右される前に留学が終わるからです。

「英語を話すことに慣れて、前よりも話せるようになりたい!」で良いと思います。

まとめ

f:id:dagashi929:20170616211316j:plain

今回の記事では、なぜ3か月が一番ベストなのかを語ってきました。

当たり前ですが、あくまで僕の場合は3か月がベストだと思っただけであり、人それぞれ感じ方は違います。

留学期間を決めるに辺り一番大事なのは、?を自分の中で繰り返すことだと思います。

なぜ〇〇月という期間が自分にとってベストなのか?

自分はフィリピン留学をどのように生かしたいのか?

それらをしっかりと詰めれる人が、フィリピン留学で大きく成果を伸ばせる人なのではないでしょうか。

今回僕は3か月程度の留学を繰り返しお勧めしてきましたが、英語力が本当にゼロ(ハロー、センキューぐらいしか分からない)の人は3か月でも足りないです。

あくまで、大学受験程度の語彙力はあり、TOEIC500点程度の状況で留学に行った者の意見として考えて頂けると有難いです。