駄菓子、文字を書く

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

内省して気付いたこと

久々に、自分の気持ちの部分について記事にしたいと思います。

 

ベトナムに来てから、とにかく内省する時間が増えました。

何故なら、一人でいる時間が圧倒的に多いからです。

もちろん、平日は夜以外は仕事なので誰かしらと一緒にいますが、退社すれば基本的に1人です。

 

僕は、一人が好きな人間だと思っていました、特に高校生以降。

でも休学してから気付いたのが、意外とそうでもなかったんだということ。笑

正直、いまのインターン生活というのはあまり満たされた気分ではないです。

やる作業自体は地味だし、かといって自分に何かムーブメントを起こせるほどの力がある訳でもない。

 

満たされていないと思いながら、大して行動もしてない自分は、とてもダサいでしょう。

自分はわりと行動的でポジティブだと思っていましたが、こっちに来てから割と色々と打ち崩されてます。

 

自分は全然行動的ではなかったし、自分でもよく分からない不安から、ビクビクしてることも多い。

正直言うと、残り7ヵ月、果たしてインターンをやり切れるのかとても不安です。

 

今週は、個人的に一番精神的に辛い週で、今年に入ってから初めて一人泣きました。笑

そして怖いのが、この精神的辛さというのは、ちょっとした事からズルズル考え込んで、招いているんです。

自己肯定感の低さから、このようなことを招いています。

 

やっぱり内向的な奴に厳しい環境に飛び込むのなんて無謀なのか。

決してそんなのは関係ないことは分かっていても、考えてしまう自分がいる。

人は、自分の辛い部分を極力出さないで生きている。

僕だってそうしてるつもりです。

甘くないのは分かっていけど、直面するととてもきつい。

 

でも、この経験は、自分にとって大事なことだと確信しています。

休学して、異なった環境に飛び込んで、自分の弱さや甘さに気づくことができました。

 

仕事でしか人は成長できない、とたまに聞きますが、少しだけその意味を理解してきた今日このごろです。

 

自分の良い部分を否定せずに、チャレンジを恐れない人になりたいです。

恐れてもいいから、最後にはトライする人になりたい。

 

こっちに来た以上は、成果を残して変えるつもりです。

負けない。