Dagashi, write?

現役大学生が語ったり、発信したり何でもありなブログです

Dagashi,write?

人生・思考判断を狂わせかねないゲーム、HABBOホテルを君は知っているか?

こんにちは、駄菓子です!

ブロガーの誰もがオンラインゲームにハマる時期があるかと思いますが(圧倒的偏見)

僕ももれなくその一人でした。

突然ですが、HABBOホテルというゲームがかつて存在していたことをご存知でしょうか?

このHABBOホテルは人を重課金に陥れ、時には正常な思考判断すら狂わす恐ろしいゲームなのです。

f:id:dagashi929:20180114183701j:plain

※今回の記事はかなり独断と偏見に満ちています。

Habboホテルとは?

f:id:dagashi929:20180114171627j:plain

HABBOホテルとは、2003年~2009年まで存在したアバターチャットゲームです。

キュートなアバターを使い、チャットを楽しむことが出来ました。

現在なら、このようなゲームは沢山ありますが当時は画期的なゲームでした。

f:id:dagashi929:20180114172738j:plain

ただチャットをするだけでなく、家具などを買って自分好みの部屋を作り、

カジノやレストランなどを運営することだって可能だったのです!

 

純朴だった少年は、重課金者になる

f:id:dagashi929:20180114173257p:plain

家具などを購入するためには、課金をする必要があります。

無課金でも、家具を手に入れることはできましたが、

手っ取り早く自分の欲しい家具を手に入れるには、課金が一番です。

ちなみに僕はこのゲームを始めたのは小学校4年生からでしたが、小5からは課金を始めました。

親を必死に説得し、最初は月500円まで課金などと可愛いもんでしたが、

課金の蜜を味わった男は、月500円なんかで課金を止められるはずがありません。

僕の家は金持ちというわけではありませんが、祖父母は僕によくお小遣いをくれるので

もらったら即課金という構図が出来上がってしまったのです。

お年玉(僕はこれをゴールデンタイムと呼んだ)も貰ったら即全額課金です。

 

増える課金額、カジノで泡となる家具

f:id:dagashi929:20180114175130j:plain

当時HABBOホテルではカジノが沢山ありました。

長くなるので詳細は省きますが、基本的にはレア家具(通常では買えない家具)をディーラーにかけてカジノをやります。

アホみたいな話ですが、レア家具にはそれぞれ相場というものがあり、

モノによっては1個5万円の価値がある家具もあったのです。

クソガキながらにそれなりの数のレア家具を所持していた僕は、

一瞬で自分の資産が増減するカジノにドハマりしました。

f:id:dagashi929:20180114175309j:plain

そうです、小学生ながらにしてカイジ状態です。

 

しかし現実は甘くありません。

カジノというのは、パチンコと同じで結局は損をするような仕組みになっています。

どんどん僕の手持ちは減っていき、最終的にはレア家具を全て使い果たしてしまいました。

自分のHABBOライフにベットし、見事に散ったのです。

 

HABBOホテルから人生の教訓を学んだ

f:id:dagashi929:20180114175940j:plain

Life is goodなんてカッコつけた写真を使っていますが、負けた当時の心境なんて

"Life is f××k"で間違いありません。

とはいえ、僕はHABBOホテルから人生で大切なことを学びました。

それは、「人生はコツコツと努力を積み上げるべきである。」ということです。

ましてや、カジノやパチンコなんかに手を出してはいけません。

HABBOホテルで破産を経験したおかげか、僕は今まで一度もリアルでギャンブルをしたことがありません。

僕なんかはまだマシな方で、酷い人だとHABBOホテルに数百万も課金した人がいたとのことです。

 

HABBOホテルという薬物

f:id:dagashi929:20180114181443p:plain

刺激的なタイトルですが、本当にHABBOホテルというのは遊び方を決めないと、

人生を狂わせかねない薬物的側面を秘めたゲームであったと思います。

他のオンラインゲームとは違い、人間関係が密なのもHabboホテルの特徴です。

HABBOカレ・カノという名称のバーチャルカップル制度までありました。

人生で一度も彼女はできたことがありませんが、HABBOカノは実は2人居ました(黒歴史)

僕はそんなことはしませんでしたが、男性ユーザーが彼女に家具を与え続けるという

いわばパトロンのようなユーザーまで居たのです。

部屋名に「チャ〇してるから入室禁止!」と書き鍵をかけているおぞましい光景を何度も見ました。

HABBOホテルは、正常な思考判断をも破壊するのです。

 

それでも僕はHABBOホテルをやりたい

f:id:dagashi929:20180114181319p:plain

ここまでHabboホテルがもたらした負の部分を書いてきましたが、

やっぱり僕はまたHabboホテルをやりたいですね。

実はHabboホテルは、英語版は現在も運営を続けていますがやはり日本語版をやりたい。

https://www.habbo.com/

今ならあの頃のように重課金をしないと誓えます。

 

いや、もうHABOOホテルは復活しない方がいいのかもしれない。

こんなゲーム、バカみたいにハマってたよなぁ~と振り返ることが幸せなのかもしれない。

そんなことを思いながら、この文章を締めくくりたいと思います。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

↑面白いと思ったらクリックお願いします!